2014年7月9日
システム

画像に対して SEO 対策を行うための5つのポイント:その2

前回の記事の続きです。

画像に対する SEO 対策についての
残り2つのポイントをご紹介します。

 

ポイント4:画像以外の HTML に画像に関連するキーワードを含める

画像以外の HTML にも、
画像に対して行いたい SEO 対策のキーワードや
関連するキーワードを文字情報として含めるべきです。

次のような HTML タグが対象となります。

  • ・ヘッダータグ(h1〜h7)
  • ・meta タグ内の description 属性
  • ・link タグの属性
  • ・a タグの属性

img タグ周辺のページコンテンツにも、
関連するキーワードを含めるようにしましょう。

 

ポイント5:サイトマップに画像情報を含める

サイトマップ(sitemap)は、ウェブサイトの構造を
検索エンジンに伝える目的で作るものです。

 

サイトマップに画像情報を含める事で、

含めた画像がウェブサイトの重要なコンテンツであることを
検索エンジンに通知することができます。

 

画像情報を XML サイトマップに含める具体的な方法は
下記の参考資料をご覧ください。

参考:ウェブマスターツールの Validating Sitemaps
https://support.google.com/webmasters/answer/71387?hl=ja

 

おまけのポイント:Exif 情報は消さずに残しておく

Exif とは、Exchangeable image file format の略で、
カメラの機種や撮影時の条件情報を
画像に埋め込むことができる仕様です。

唯一 Exif 情報だけが画像に対して
検索可能な文字情報を埋め込める場所となるのですが、

この情報はウェブサイトとの関連性を
保証するものではありません。

 

ただ、Google の Matt Cutts 氏曰く、

「Google は写真の EXIF データを
 ランキング決めの要因としては使っていないが、利用できる」

と答えています(意訳)。

 

つまり、
あっても使われるか分からない情報、
という扱いのようです。

「利用できる」とあるので、今後使われる可能性はあるのでしょうね。
わざわざ消す必要もないでしょう。

 

まとめ

SEO 対策は本当に難しいもので、
IT 業界らしくかなり頻繁に変わりますね。

これらをきちんとフォローして適切にサイトをメンテナンスするのは、
専門業者でもなかなか手間がかかります。

 

しかし、

「本当の検索エンジンの目的
 =ユーザーが検索したいコンテンツを検索結果の上位に持ってくること」

を理解していれば、スパム行為のようなことをせずともランクは上がります。

 

サイト制作を生業にしていなくても、

コンテンツの作成に携わる方であれば
普段から少しずつ気にして作業をするだけで、

その効果は実感していただけるでしょう。

 

あなたのコンテンツ制作の役に立つことを願います。

会員でない方は、下記から
メールアドレスをご登録いただく
だけで会員になれます(無料)

集客の自動化に役立つ 会員限定コンテンツ 自動化のツール をプレゼントします 今すぐお申し込みください
※ご登録いただいた情報は弊社のプライバシー
ポリシーに基づき厳重に管理いたします