インバウンド マーケティング システム

口だけコンサルタントが嫌いな社長のための自動集客マシン

*

あなたが気を付けるべき激安ホームページ業者の秘密

   

本コンテンツの対象となる方

・ホームページ制作を激安で作る方法を知りたい方

※以下、ホームページの事を ウェブサイトと呼びます

 

安い業者が安い理由

いわゆる営業用のキャッチ情報の裏を
よく読みましょうと言う話になるのですが、

業者で安いところのほとんどが、
次のどちらかに当てはまります。

 

◎売り方で安く見せる方法

2,000 年前半〜半ばぐらいに大流行した方法で、

リースを組むことで、
初期費用を少なく見せるというものです。

だいたい月払いで数万円なので、
負担が少ないんですよね。

手法自体は間違っていません。

 

しかし、多くの場合そのリース期間に問題が出てきます。

だいたい5年ぐらいで組むパターンが多いので、
仮に月額 25,000 円だとしても

25,000 円 × 12 ヶ月 × 5 年 = 150 万

かかります。

何か修正・変更には別途支払いが必要なことも少なくありません。

 

追加の支払いもあることから、

とくに3年以上のリース契約を組もうとされる方には、
弊社はリースの内容を確認することをお勧めしています。

 

なぜならば、
ウェブ業界はとても進歩が早いので、

3年以上同じサイトを使っているのでは
ほぼ確実に投資を回収できるような成果を上げられないからです。

 

◎クライアントの要望をほとんど聞かない(けない)方法

いわゆるテンプレート形式で提供しているタイプの方法です。

テンプレートと言うのは雛形のことであり、
この型にコンテンツを当てはめるのが基本です。

そのため、カスタマイズしたくても、
手間がかかると断られるか、別途費用が取られるのです。

それだけならまだしも、
カスタマイズ自体が出来ないことすらあります。

なんなら無料ブログサービスの方が
合っている会社さんだってあるでしょう。

 

ここで挙げたように、激安をウリにしているサービスの中には、
時代に合っていないサービスを切り売りしている業者が多いことも
残念ながら事実として存在します。

 

では、どのようにすれば価格を抑えつつ
高品質なサービスを選べるのでしょうか?

次回に続きます。

会員でない方は、下記から
メールアドレスをご登録いただく
だけで会員になれます(無料)

集客の自動化に役立つ 会員限定コンテンツ 自動化のツール をプレゼントします 今すぐお申し込みください
※ご登録いただいた情報は弊社のプライバシー
ポリシーに基づき厳重に管理いたします

 - システム , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

システム開発の価格の妥当性を探る秘訣2

前回は、価格の妥当性を探るためには 「コスト」と「期間・時間」が必要というお話し …

一瞬で欲しい結果を手に入れる検索テクニック

IT 技術者に係わらず、Google の検索を使う方は多いと思います。 ですが、 …

YouTube動画にスポットライト アノテーション作って登録を促そう
YouTube動画にスポットライト アノテーション作って登録を促そう

YouTube動画には、 視聴するユーザーに対して目を惹くことができる アノテー …

社長なら知っておくべきブログとホームページの違い

WordPress のセミナーを開催していると、 「ブログ」と「ホームページ」の …

Googleパーソナライズド検索
起業家がやってはいけないGoogleの検索順位の間違った調べ方

Googleを使って検索結果の順位を調べるときにやりがちなミス、 その原因となる …

Googleの検索結果の表示変更でSEO対策に影響する3つのポイント

Google の検索結果の表示変更で SEO 対策に影響する3つのポイント 前回 …

画像に対して SEO 対策を行うための5つのポイント:その1

前回、Google では画像検索という機能があることをお話ししました。 この画像 …

検索しなくても、検索順位の変化を知る方法

自社製品の評判やその順位の変化などをインターネットで調べる場合、通常は検索エンジ …

自分のYouTube動画の利用状況を見られるアナリティクス機能
自分のYouTube動画の利用状況を見られるアナリティクス機能

YouTube動画をどれだけアップロードしても、 それがどのぐらい見てもらえてい …

YouTube動画にメモアノテーション作って登録を促そう
YouTube動画にメモアノテーション作って登録を促そう

YouTube動画には、 視聴するユーザーに対して目を惹くことができる アノテー …