インバウンド マーケティング システム

口だけコンサルタントが嫌いな社長のための自動集客マシン

*

システム開発の価格の妥当性を探る秘訣3

   

開発の価格の妥当性を探るための秘訣

ドリームハイブで見積もりを行う場合は、

  1. 概算の際に類似法を使って価格感を理解してもらい
  2. 受諾の確率が高くなった時点で精査するために積み上げ法で検証する

と言う流れを取っています。

また、類似法で見積もる段階でも
実開発コストなどが大幅にずれないようにするために、

フレームワークと呼ばれる仕組みを用いて
クライアントとのボリューム感のズレが減るように気を付けています。

何が言いたいかというと、
システム開発の価格の妥当性を知る秘訣とは、

見積もりをした会社に
「どのように見積もっているか」を
質問するのが一番だと言うことです。

なんとなく・・などが理由ですと、
あとから大変な事になるかも知れませんよ(苦笑)

過去の事例があるのであれば、その際の価格を聞けば良いですし、
積み上げ式なのであれば、その内訳を聞いてみましょう。

あなたが簡単だと思っても
システムを作る側からすれば大変な機能であれば、
その見積もりは高くなります。

単に機能を削ればその分安くなるわけではありませんが、
価格の交渉にも使えると言うことです。

まとめ

発注する側からすれば、
電話などでにコスト・時間を知ることができれば理想なのではないでしょうか。

しかし、受注する側から見たらあとでコストが増えることになって
怒られたりでもしたらたまったものじゃありません(笑)

システムは動いている限り保守し続けなければならないのですから、
無理に安く受注しても利用するクライアントに被害が出ては元も子もありません。

PS
ちなみに弊社のコンサルティングサービスでは、

どのように保守をしていくのかなども含めて
開発する際にお伝えするようにしています。

IT コンシェルジュ

会員でない方は、下記から
メールアドレスをご登録いただく
だけで会員になれます(無料)

集客の自動化に役立つ 会員限定コンテンツ 自動化のツール をプレゼントします 今すぐお申し込みください
※ご登録いただいた情報は弊社のプライバシー
ポリシーに基づき厳重に管理いたします

 - システム , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

システム開発の価格の妥当性を探る秘訣2

前回は、価格の妥当性を探るためには 「コスト」と「期間・時間」が必要というお話し …

SEO対策について、誰もが知っておくべきこと

クライアント: 「見てみて!うちのサイトの順位!凄いでしょ!」 山本: 「おぉ! …

JPRS WHOIS
サイトの信用が決まる「意外と知られていないドメインの情報」

あなたのお持ちのドメイン(弊社であれば「dreamhive.co.jp」)、 い …

なぜ、Googleに上位表示されてもYahoo!に現れないのか?

クライアントの社長: 「この前うちの会社、SEO 対策したんだよな? Googl …

システム開発の価格の妥当性を探る秘訣1

「システム開発っていくらかかるんですか?」 この質問、弊社でもよく聞きます(笑) …

YouTube動画にメモアノテーション作って登録を促そう
YouTube動画にメモアノテーション作って登録を促そう

YouTube動画には、 視聴するユーザーに対して目を惹くことができる アノテー …

自分のサイトの更新を他のサイトへ通知できるPingサービスとは?
自分のサイトの更新を他のサイトへ通知できるPingサービスとは?

更新したウェブサイトを他の人に知ってもらうためには、 何らかの手法で相手に伝える …

SEO対策を丸投すると何をやってもらえるのか?

「SEO 対策、やっておいてくれない?」 という依頼、結構な頻度で弊社へよくきま …

アクセスアップのための SlideShare 活用の3ポイント
アクセスアップのための SlideShare 活用の3ポイント

SlideShare サービスを使えば、 自分のプレゼンテーション資料を世の中に …

公式のYouTubeチャンネル登録ボタンの作り方
公式のYouTubeチャンネル登録ボタンの作り方

YouTube チャンネルを登録してもらうのに有効なものとして、 ウェブサイトに …